Solution

監視サービスOEM

監視サービスOEM

弊社が提供する監視サービス(SaaS)を事業者様向けに提供します。

監視サービスOEM

監視サービスOEMのメリット

サーバ構築不要

サーバ・ネットワーク監視に必要な監視サーバ・システムの構築は必要ありません。
弊社が提供する、監視用アプライアンスMGW(Management Gateway)を被監視環境に導入することで監視をすぐにはじめことができます。このため

  • 初期導入コストの低減
  • 監視開始までのリードタイム削減

などの効果が期待できます。

サーバ構築不要

メンテナンス不要

監視サーバシステムを導入した場合、基幹システムや情報システムと同じように監視システム自体の運用・メンテナンスが必要になります。

  • ハードウェア故障対応
  • ソフトウェアアップデート対応
  • バックアップ・リカバリ対応

本サービスではこれら監視のためのシステムやシステム基盤はすべて弊社で管理していますので、メンテナンスにかかる時間的コスト、人的コストを最小限に抑えることが可能になります。

メンテナンス不要

監視設計不要

システムを監視する場合、対象になるサーバ・ネットワーク機器などに合わせて監視設計が必要になります。
監視の設計には監視ソフトウェアの知識だけではなく、コンピューターシステムに対しての知見が必要です。

本サービスでは、より実践的な内容の監視メニューを準備していますので、監視を始めるにはメニューを選択していただくだけです。
難しい設計や調整はほとんど必要ありません。

監視設計不要

カスタマイズ可能

監視はメニューからの選択方式ですが、お客様のご要望によりカスタマイズすることが可能です。

監視システムとして「Zabbix」を採用していますので、高度で柔軟なカスタマイズが可能です。

カスタマイズ可能

提供サービス

監視用アプライアンスの提供

お客様のローカルネットワーク内を監視するため監視用アプライアンス「Management Gateway(MGW)」の設置が必要です。お客様ネットワークに設置することで監視をはじめることができます。

MGWは仮想アプライアンスと物理アプライアンスの2種類が提供可能です。

  • 仮想アプライアンス
  • 物理アプライアンス
Management Gateway 4.0 2019model

MGW4.0
2019model

24時間365日監視とアラート通知

監視サービスは24時間365日の監視モニタリングとアラート通知を提供します。

監視モニタリング

対象システムの状態を24時間365日監視モニタリングします。標準的な監視で対象となるシステムは以下の通りです。

【標準監視】

区分 監視項目 備考
サーバ 仮想マシン CPU、メモリ、ディスク、ネットワークなど VMwareやクラウド等の仮想マシンを監視します。
OSはWindows、Linuxに対応。
物理マシン CPU、メモリ、ディスク、ネットワークなど 物理サーバに対して監視を実施します。
OSはWindows、Linuxに対応。
物理マシン
(ハードウェア)
DISK、RAID、FAN、
電源など
物理サーバのリモートメンテナンスボードを直接監視します。
HPE(iLO)、DELL(iDRAC)などに対応。
ネットワーク機器 ポートリンク状態
ネットワークトラフィック
ネットワーク機器に対してSNMPによる監視を実施します。標準では左記の監視項目ですが、ネットワーク機器ごとにカスタマイズすることが可能です。
ストレージ機器 ディスク、RAIDなど ストレージ機器に対してSNMPによる監視を実施します。
機器によって監視内容が異なりますので、ご相談ください。

【オプション監視】

種別 監視項目 備考
サービス・プロセス
監視
Windowsサービスの状態
Linuxプロセスの状態 など
サーバOS等で起動している、サービスやプロセスの死活や状態を監視し通知します。
※監視エージェント導入必須
ログ監視 Windows イベントログ
Linux Syslog など
サーバOS等のログを監視します。特定文字列を検索し、マッチした場合にアラートを通知します。
※監視エージェント導入必須
VMware監視 vCenter、Hypervisorの
CPU、メモリなど
VMware環境を監視します。Hypervisorの性能やデータストアなどの環境について監視します。
クラウド監視 CPU、メモリの状態など クラウド(IaaS)で提供されるインスタンス、サービス等を監視します。
監視可能な項目等はクラウドサービスごとに異なりますので、ご相談ください。

アラート通知

設定されたしきい値やトリガーを検出した場合、アラートを通知します。通知可能なメディアは以下のような方法があります。

メール(標準)

メール
(標準)

Slack

Slack
(オプション)

SMS(オプション)

SMS
(オプション)

Web Console

監視・モニタリングの情報をクラウド型のコンソール(Web Console)で提供します。
Web Consoleはインターネットからいつでも、どこからでもアクセスすることができるため、事業者様だけではなく、エンドユーザー様、パートナー様と情報共有が可能です。

以下のような情報が閲覧できます。

Web Console

監視情報

対象ノードの監視状態を閲覧・確認することができます。

  • 現在発生しているアラート情報
  • アラート発生の履歴
  • 現在監視している最新の値
  • 登録されているグラフ

構成情報

監視情報以外にも、監視対象に関する様々な情報を登録することが可能です。

  • 構成情報
  • 契約情報
  • 設置先情報
  • 連絡先情報

これらの情報は監視対象と関連付けすることが可能です。保守運用サービスを展開するにあたって、情報の集約、共有が簡単に行えるため、効率的なサービス提供が可能になります。

監視のカスタマイズ

弊社監視サービスは、オープンソースの監視ソフトウェア Zabbix を監視エンジンに採用しており、高度で柔軟なカスタマイズを可能にしています。

カスタマイズ例)

  • 無線LANシステムの監視
  • オブジェクトストレージ機器の監視
  • POS端末の監視

サービス提供方法

事業者様向けには複数の方法でサービスを提供する準備があります。

標準監視サービスによる提供

弊社が提供する標準的な監視サービスをそのまま提供いたします。現在弊社が提供している監視サービス基盤上で監視サービスを提供することで、事業者様の初期負担を大幅に軽減することが可能です。

  • 監視項目等は弊社提供の標準監視項目での提供となります。
  • メール送信元アドレス等は弊社提供のものから変更できません。
  • その他サービスの提供は弊社標準サービスに準じます。

専用監視システムによる提供

弊社が提供する標準的な監視サービス設備ではなく、事業者様専用に構築した監視システムでサービスを提供することができます。

  • 監視項目等は事業者様専用にカスタマイズすることが可能です。
  • メールの送信元アドレス等をカスタマイズすることが可能です。
  • その他、様々なカスタマイズに対応することが可能です。

ご相談ください。