システムの運用にとって必要なのは、『そのシステムがどのような役割を果たさなければならないのか?』というシステムの存在意義を明確にした上で、それに対してどのような定例作業、メンテナンス作業が必要か? 障害時の復旧対策はどの程度のレベルが必要か? 業者とどういう契約レベルにすべきか? といったような運用課題とリスクをお客様が認識されること。それを踏まえて運用体制を取り決めることです。

  • お客様の管理下にはどのようなシステムが存在しますか?
  • そのシステムが故障すればどんな影響がありますか?
  • 仕事の手順を明確にして、スムーズな対応を取るための準備は終わっていますか?
  • 社内の担当者や委託業者との責任範囲が明確になっていますでしょうか?
  • 具体的な業務フローと必要なスキルを元にした、適切なリソース配分ができていますか?
  • 属人的な運用になっていませんか?それらの引継ぎ内容は明確かつ容易になっていますか?
  • システム基盤の運用にかかるコストとその効果は「数字」として明確になっていますか?

私どもの提供する「運用コンサルティングサービス」では、管理下のシステムの整理や課題抽出から始めさせていただき、そのシステムに求められる稼動目的を理解したうえで、お客様と課題・目的を共有し、運用体制の整備に対する提案を行わせていただきます

サービスの流れ

現状調査 対象のITシステム全体の調査と課題抽出
繰り返し 改善提案
運用計画
現状調査で抽出された課題に対しての改善提案
対象のシステム運用全体の最適化計画
運用設計
運用実装
具体的な運用ツール・手法を選定、導入の設計
導入、実装のプロジェクト運営
運用担当者へのインプリメント
運用

導入した運用ツール、システムによる運用

  • 監視・障害対応
  • ITシステムの情報管理
定期的な見直し 定期的な運用の見直しと再設計

このような設計フェーズだけでなく、運用フェーズを支援する各種サービスをご利用いただく場合には、その設計内容の実装や、その後の運用で新たに発見される課題のフィードバック、再検討といった運用のサイクル全般をサポートし、お客様の情報システム部門の一員としてシステム運用を支援し続けます。

お客様の情報システムが意図した経営戦略を実現するツールであるために、私たちは情報システムの運用を支え、お客様を支援いたします。

サービスメニュー

運用をつくる「運用設計サービス」

課題抽出・改善提案を実施し、システム運用の意思決定支援を行う運用設計サービス

  • 現状調査・把握
  • 今後の拡張など方向性の調整
  • 既存のSIベンダーとの連携(運用に必要な情報の採取)
  • 障害対応時の体制・連携調整
  • アカウント・権限管理など運用ポリシーの確認・調整
  • その他、運用にあたって必要な情報整備・調整

運用情報を可視化して残す「運用管理資料作成サービス」

運用設計サービスで設計した内容を元に、各種情報をドキュメント記載、システムに登録するサービス

  • 情報システムの構成管理(ネットワーク構成、機材配置、拠点の構成など)
  • 保守情報整理(対応ベンダー、シリアルナンバー、契約期間など)
  • 障害時の対応フロー
  • 対応手順の取りまとめ
  • その他、取り決めたポリシーの文章化

その他

情報システムの運用管理に必要な様々な支援を提供いたします。

  • システム基盤調達のための調達支援(RFPの作成、業者選定の支援)
  • 導入プロジェクト プロジェクトマネジメント
  • クラウドサービスの立ち上げ支援(サービス基盤の構築、運用設計、運用)
  • サポートサービスの立ち上げ支援(運用設計、運用支援)
  • その他
お問い合わせはこちら