導入事例

Webホスティングサービスの運用支援

  • 24時間体制での障害対応の代行
  • リモートサイトに設置されたシステムに対する対応
  • システムが設置された現地IDCスタッフとの連携

ユーザ情報と問題点

事業内容Webシステム構築・運営会社(Webホスティング事業者)
自社の技術体制3名
きっかけ
  • 自社の優秀な技術者が、誰でもできる作業に時間を割くことがもったいなかった。
  • 夜間、休日の対応が必要なため、急に呼び出しがあり、優秀な社員の不満が絶えなかった。
要望
  • アラートが発生した場合の初期作業のアウトソーシング
  • 休日・夜間の障害対応

サポート内容

優秀な自社スタッフの活用とアウトソーサの利用

障害一次対応のアウトソーシング

  • アラートメール発生時のOSリブート・サービスリスタート
  • 現地スタッフとの連携
  • リモートハンズサービスの活用・連携
  • ユーザへの障害連絡
サポート内容

導入効果

技術リソースの有効利用の実施

  • 監視から開放され、優秀な自社の社員をコア業務に集中させることができた。

障害連絡を受ける立場に変換

  • 深刻な障害以外の場合の障害対応から優秀な社員が開放され、不満を解消できた。
  • 夜間の突然の呼び出しがほぼなくなった。
  • 社員がWebサーバの稼動監視の義務から開放され、障害連絡を受ける立場になった。

社内システムの障害管理体制も整備

  • LAN内のシステム監視も安価なサービスを利用して実現した。
お問い合わせはこちら